この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

快適な入れ歯があることで日常は大きく変わる

入れ歯には種類がある

無くなった部分に人工の歯を装着する入れ歯には、様々な種類があるのです。大きく分けると入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。
まず総入れ歯は、その名の通り全ての歯が無くなったときに装着する入れ歯です。一方、部分入れ歯の方は、一部欠損した部分に装着するもの。何本の歯が無くなったかということでどちらを使用するか決定します。
例えば加齢や歯周病の影響によって歯が抜けた場合や、周囲の歯の影響から歯を抜かなければならないときには総入れ歯を導入することがあります。歯が1本でもあれば総入れ歯は使用できませんが、入れ歯を装着すべき環境かどうかを歯医者さんが見て判断しているのです。また部分入れ歯に関しては、1本から数本など、欠損した歯の本数に合わせて、その部分を補うものとして装着します。

どちらを装着するかは環境次第

総入れ歯と部分入れ歯の違いは、特に見た目と装着時の快適性に大きく違いがあります。総入れ歯の場合には、全ての歯が入れ歯になる訳ですから、見た目にはキレイに揃った歯並びに見えますし、作成時にも使用者の口に合わせて作成されるため、食事や人と話をする際に違和感なく使用できるメリットがあります。ただし全てを人工にする以上、金額は部分入れ歯よりも高額になりがちです。
一方、部分入れ歯ですが1本の欠損からも作成できますので、金額をリーズナブルな価格に押さえやすいメリットがありますが、一方見た目の影響は大きくなりがちです。総入れ歯同様に使用する人に合わせて作成されるものの、他の歯に影響することが多く、食事の際の違和感は生じやすいと言われています。