この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

入れ歯の種類でかかる費用はどれだけ違うのか

総入れ歯の場合は

総入れ歯の場合にはどれだけの費用が必要になるかについてご紹介します。まず総入れ歯といってもさらに種類がありますから、どの種類を選ぶかということは大切な部分です。特に素材は、入れ歯を選ぶ上で重要なポイントになります。
一般的にはレジンと呼ばれるプラスチック製の入れ歯が使われています。このレジンで総入れ歯を製作した場合には、歯医者さんによってかかる費用に多少違いはあるものの一般的に1万円から2万円の間が平均価格です。
他にも総入れ歯には種類があります。例えばレジンに金属をプラスしたもの。こちらは費用がぐっと上がり平均20万円以上からとなるものが多いようです。さらに金属ではなくシリコンを使ったものもあり、こちらも10万円からといった費用がかかります。

部分入れ歯の場合

総入れ歯同様に部分入れ歯についても種類によってかかる費用に違いが生じます。そのため作成の際にはどの部分入れ歯を作るか、十分に検討する必要があるのです。
まず部分入れ歯には、バネと呼ばれる針金のような金属が取り付けられることがあります。部分入れ歯は周囲の歯に引っ掛けて入れ歯を支える構造をしているものが多く、その入れ歯を支えるためにバネが存在しています。バネのある入れ歯は5,000円から1万円程度のものが平均です。近年では、金属を白色のものにしたバネも登場しています。
またバネの無い入れ歯などもありますが、こちらは少し高額で10万円程度が相場になります。磁石で装着する部分入れ歯もありますが、こちらも同様に10万円から20万円が費用の相場です。またインプラントを装着するといったものもありますが、こちらは100万円程度の費用を必要とします。