この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

種類の違いは作成ポイントで重要

総入れ歯の種類による特徴の違い

総入れ歯は一般的にレジンと呼ばれるプラスチック製の素材を使用して作成されています。しかし、プラスチック製は温度を通しづらいというデメリットがあるのです。食事を美味しく楽しみたいと思っている方には、温度を直に感じられないのは面白みがありません。食事は、味はもちろんですが温度も一緒に感じられるからこそ風味をしっかりと感じることが出来るのです。食事の快適さを考慮して金属とレンジが組み合わさったものを取り入れる方もおられます。

費用の面をみればレジンのみはリーズナブルではあります。しかし、快適性を考慮すると他の素材が組み合わさったものにアドバンテージがあるのです。
費用観点との考慮が必要とされることでしょう。

部分入れ歯の種類による特徴の違い

部分入れ歯にも様々な種類がありますが、快適性を考慮すればリーズナブルなだけでは選びづらいものです。例えばバネのあるものは、バネの影響で入れ歯が安定するものの、バネの金属が目立ってしまうデメリットが生じます。また金属アレルギーの方などはバネそのものが金属ですから使用することが出来ないでしょう。こうした方にはバネの無い部分入れ歯がオススメということです。
また、保険の適用有無も重要です。こちらは総入れ歯も部分入れ歯も同様ですが、レジンを用いたものやバネのある入れ歯の場合には一般診療と同等とみなされて保険が適用されます。しかしそれ以外の入れ歯には保険が適用されないことが多いのです。そのためかかる費用が高額になりがちといえるでしょう。
見た目を取るか費用を取るかだけでなく、ご自身の状況に合わせて選ぶことでより快適な入れ歯生活をおくることができるのです。